インタビュー紹介 戻る

杉浦文康先生

後期研修医から

耳鼻科医を志したきっかけ

臨床実習の時から、手術ができる科がいいなぁ、と考えていました。ただ、どうせ手術をするならば、多くの外科の先生と違う分野の手術が出来たら面白いんじゃないか、と考えたことが、耳鼻科に興味を持つ原点だったと思います。長期選択実習でも耳鼻科を選択し、手術以外にも様々な疾患に触れることで、興味は深まっていきました。初期研修では耳鼻科の無い病院で、外科を長くローテートしました。外科の手術も面白く興味深いものが多かったのですが、夏に北大耳鼻科で短期研修した際に、こちらの手術の方が様々な手術ができて面白いなぁ、と感じたのが最後の決め手でした。手術以外にも、扱う疾患自体がとても多岐に渡り、どれもが奥深い事も魅力の一つだったと思います。

入局後の印象

学生の長期選択実習や初期研修の短期研修で選択したこともあり、以前から先生方はいい人達ばかりで居心地が良いなぁ、と感じていました。入局した今もその印象は変わっていません。指導も熱心で丁寧に教えてくださり、日々の質問はもちろん、週1回の新人講義や、週2回の手術報告も大変勉強になります。また、勉強の状況や体調の事なども気にかけて下さって、有り難い限りだと思っています。それゆえに、早く戦力になれるよう精進しなければ、といつも気を引き締めて仕事に当たれるいい環境だと思います。

日々の生活

手術、病棟、外来、時に外病院の手術応援など、それぞれの場所で学ぶ事やすべき事は多く、やはり忙しいときもあります。しかし、日々少しずつではありますが成長を感じる事が出来、自分では充実した毎日を送れているのではないかと思っています。同期にも助けられることが多く、時に相談や議論し、時に下らない雑談に興じながら、仲良くやっていると思います。休日は休養やリフレッシュする時間がしっかりとれ、体の面でも気持ちの面でも働きやすい、いい環境ではないかと思います。

将来の夢

耳鼻科は、幼少のころからよく通院していたので、自分には大変なじみのある科の一つです。その一方で広大で奥が深く、究めるにはいくら時間があっても足りない、不思議で魅力的な科だと思います。その中で、様々な分野で患者さんのために熱心に仕事し、思いに応えられる耳鼻科医を目指したいと思います。

八木建樹先生

後期研修医から

耳鼻科医を志したきっかけ

父親が耳鼻科医で、何となく面白い分野だなぁと思ったのが、最初のきっかけだったと思います。マイナー外科ですが、扱う分野は広く、飽きることはまずないと思いました。全国的にも耳鼻科医は少なく、自分でも世の中に役立てるのではないかと思いました。

入局後の印象

見学に何度か来たことはありましたが、人見知りな性格ゆえに、最初はあまり溶け込むことができませんでした。しかし入局後は、先生方や職場スタッフから積極的に話しかけてもらい、質問なども気軽に聞くことができたため、すぐに慣れることができました。また、頭頸部・鼻・耳の専門の先生は、外来でも手術場でも、忙しい環境下でとても生き生きとしています。仕事にやり甲斐があるから、そう見えるのだと思います。改めて耳鼻科医になってよかったと思います。

日々の生活

3年目は大学病院での研修となります。月曜日と木曜日が手術日で、火曜日と木曜日にカンファレンスがあります。水曜日や金曜日は、外来や病棟業務をしています。手術日とカンファレンスの日は、朝早いですが慣れるとそうでもありません。カンファレンス前日は、後期研修医には術後症例の発表があります。先生方の前で、ホワイトボードで絵を描きながらの発表となります。研修医にとっては、これが一大イベントであり、とても勉強になります。困ったことや気になったことは、その都度先生に教えてもらいながら日々暮らしています。土日は回診だけなので、オンオフもしっかりしています(僕の場合草野球をしてます)。

将来の夢

先生方に耳鼻科分野の面白さや楽しさを教えてもらっています。僕も先生方のように、大学病院で実習や見学にくる学生・研修医に、少しでも耳鼻科の良さを伝えられるように日々勉強したいと思っています。

渡邉良亮先生

後期研修医から

耳鼻科医を志したきっかけ

最初は耳鼻科といえば風邪などをみるクリニックのような印象を持っていましたが、実は耳鼻科は様々な手術もしており、かつ専門領域が幅広いということを学生のときに知り興味を持ち始めました。学生から初期研修まで様々な科をみてきましたが、診断から治療まで携わることができ内科的治療・外科的治療ともに得意とする科であることも魅力に感じ、耳鼻科を志しました。

入局後の印象

耳鼻科はやはり診療内容が幅広く大変重要な領域を担当していると感じています。
医局については出身大学が異なりますが皆さん快く受け入れてくださり、大変居心地が良いです。指導医の先生方も教育熱心な方が多くて大変学びやすい環境だと思います。

日々の生活

忙しいですが指導医の先生方、周りのスタッフに支えられて毎日充実した研修ができています。特に同期の存在は大きく、日々仕事をしていく中で大変助かっています。カンファレンスが朝早く、また自宅が少し離れているので朝に強くなりました。

将来の夢

耳鼻科の中でもどの分野も興味深く、サブスペシャリティは模索中です。サブスペシャリティを持ちつつもプライマリな問題や救急疾患にも積極的に関与していきたいと思います。患者さんやスタッフからの信頼を得られる医師になるべく精進して参ります。